カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力を集結

旅行

カンボジアの世界遺産アンコールワットの魅力を集結
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
decencia(ディセンシア)つつむ トライアルセット

アンコールワット

アンコール・ワットはクメール王国における宗教施設の集大成といえる大寺院。12世紀前半にスールヤヴァルマン2世により創建されたヒンズー教寺院で、ヒンズー教三大神の中のヴィシュヌ神に捧げられました。アンコール・ワットとは「大きな寺」という意味で、環濠を含む大きさは東西約 1,500m、南北約 1,300mもあります。三重の回廊の上に5つの祠堂が建てられており、神々が住むといわれるインド神話の霊峰メール山をイメージして造られたといわれています。シェム・リアップ市の中心部から約6?の所にあります。
1992年にアンコール遺跡として世界遺産に登録。




どうやって行く?


2013年11月現在、アンコール遺跡群見学の拠点となる町シェムリアップまでは、日本からの直行便がないため、第三国を経由していきます。日本からシェムリアップまでの便を運航しているおもな航空会社と経由地は以下のとおりです。 なお、最近、料金の安い中国系の航空会社もシェムリアップに同日着できる定期便を運航しています。空席状況や運航スケジュール、料金などにつきましては、弊社までお問合せください。
カンボジアへの行き方(ルート)
ベトナム航空(①ハノイ、②ホーチミン経由)
[出発地] 成田、関空、名古屋、福岡

大韓航空 【経由地】③ソウル経由
[出発地] 日本各地の空港

アシアナ航空 【経由地】③ソウル経由
[出発地] 日本各地の空港

日本航空 【経由地】①ハノイ、②ホーチミン、④バンコク経由
[出発地] 成田、羽田、関西、名古屋、福岡

全日空 【経由地】④バンコク
[出発地] 成田、羽田、関西、名古屋

シンガポール航空 【経由地】⑤シンガポール
[出発地] 成田、羽田

出典 http://www.pitt.jp

アンコールワットと周辺の様子をグルーと廻って概要を知っておく

3. アンコール遺跡の見学ルート



アンコール遺跡群の見学のため、いくつかのルートが整備されていますが、
おもな遺跡をめぐる場合は大回りルートと小回ルートを通ることになります。

◆小回りルート
都城アンコール・トムの東側にある勝利の門から出て、
トマノン、
チャウサイ・テヴォダー、
タ・ケウ、
タ・プロム、
バンテアイ・クデイ
などの遺跡を経て大回りルートと合流し、そこから南下して
プラサット・クラヴァン、
アンコール・ワットの東側を進み、シェムリアップ市内に至るルートです。

◆大回りルート
都城アンコール・トムの北門から出て、アンコール・トムの西北~西側のエリアにある遺跡をめぐるルートです。
ルート沿いの遺跡には
プリア・カン、
ニャック・ポアン、
タ・ソム、
東メボン、
プレ・ループ、
バンテアイ・クデイ
などの遺跡があり、バンテアイ・クデイのところで小回りルートと合流します。


アンコール遺跡群の大回り、小回りルート

出典 http://www.pitt.jp

遺跡は信仰の場です。
基本として知っておかなければいけないのは、失礼のない振る舞いをするということ。
それはアンコールワットに限らず、そのほかのアンコール遺跡においても同じです


服装は、短パン、キャミソールなど、極端に露出度の高い服装は避けた方が無難です。
またお堂に上がるときは帽子や靴を脱ぎます。帽子は忘れやすいので気を付けましょう。


マナーとして知っておきたいこと。
祭られた像の直前を横切らない。
僧侶に敬意を払う。特に女性は僧侶に触れたり、直接ものを渡すことも禁じられています。
さらに、「人の頭=神聖なもの」という考え方も覚えておいた方が良いです。
カワイイからといって地元の子供の頭をなでない。侮辱したことになってしまいます。

事故に注意
アンコールワットは観光地になってはいますが、そのままの姿を維持するため、例えば日本の観光地のように道や階段が整備されているわけではありません。
特に「自然に頭が下がるように」という理由で、ずいぶんと急に設計されています。
特に第三回廊への階段は要注意です。
実際、年に数件、遺跡からの転落事故が起きています。
ヒールのある靴は厳禁!歩きやすいく脱ぐのが簡単なものが良いでしょう。

「仏教の日」に注意してスケジュールを組みましょう。
1か月に4~5回ある「仏教の日」。この日程は要チェックです。
この日は、アンコールワットの第三回廊がクローズしてしまいますのでお忘れなく。

アンコールワットの遺跡群を一緒に廻ってみましょう

遺跡見学のモデルプラン

おもな遺跡だけを見て回りたい
アンコール・ワットやアンコール・トム、タ・プロム寺院など、主要な遺跡を見て回るのには2日かかります。日本から行く場合は、飛行機の運航スケジュールと乗り継ぎの関係で最低でも5日(3泊5日)を見込んでおくことをおすすめします。
なお、 アンコールワットの頂部にあたる第三回廊は、カンボジアの仏日に当たる日は入場できません (仏日の一覧はこちらをクリック) 。また、遺跡によっては修復作業により見学が制限される場合もありますし、現地の状況(道路工事、国家的な行事、天候など)によっては、日程通りに進まない場合もございますので、旅行計画を立てる際にはご注意ください。

アンコール・ワットは午前、
アンコール・トムは午後をおすすめ
多くのツアーはアンコール・ワットの観光を午後、アンコール・トムを午前に組み込んでいます。同じ順で回ると大変込み合い、ゆっくり見学するのが難しく、場所によってはガイドの声も聴きにくいほど。そこで弊社ではじっくり見学していただけるよう、午前にアンコール・ワット、午後にアンコール・トムの観光をおすすめしています。

「大きな都」を意味するアンコールトムは一辺約3km、ほぼ正方形の形状で、クメール時代最大の都城であったとされる。
1177年、ベトナムのチャンパ族により一時的に王都は陥落したが、ジャヤバルマン7世の指揮のもと4年後には奪還に成功した。
中心にあるバイヨン寺院、王宮からはまっすぐな道が伸び、四方にある大きな門へと続く。
周壁外には環濠があり、それにかかる橋には神々と阿修羅が大蛇ヴァースキで綱引きをしている乳隗攪拌の様子がある。
これは中心にあるバイヨン寺院が不老不死の薬アムリタを生み出したマンダラ山であると言うことを示している。

南大門入口には左右それぞれ54体の巨人の石像が並べらおり、向かって左側の像は神々、右側の像は阿修羅でどちらも7つの頭を持つ蛇(ナーガ)の胴体を抱えている。

アンコールトムのゴールデンルートは、以下のルートです。

南大門
バイヨン
上部テラス
中央祠堂
第二回廊
第一回廊
バプーオン
王宮
ピミアナカス
象のテラス
ライ王のテラス
勝利の門

所要時間は3時間~半日くらいです。ガイドを頼むと、効率的にポイントを押さえてみることができます。ただ現地は蒸し暑く、速く移動すると疲れやすい上に、細部の見どころを逃しがちです。マイペースでゆっくり回ることも、考慮に入れましょう。

出典 http://find-travel.jp

足を延ばしてトムまで行こう、ワットにはない遺跡の魅力を確かめる

アンコールワットの神秘映像、数百年前の王侯貴族と同じ景色を味わえる瞬間

空中散歩で遺跡の全体像が分かる

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ